読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみのゆめが叶うまで

すきなひとたちへのひとりごと

10Ks

KAT-TUN10周年ライブ、10Ks、5月1日オーラスに行きました。

わたしの仕事はカレンダーでいう休日が本番、みたいなとこあるから、大型連休はとにかく忙しくて。GWとか休みなくてしぬんじゃないかと思っていて。そんなGW唯一の休みをKAT-TUNに捧げました。5月1日だけは絶対に休ませてくださいってツアー決まった時から言ってた。おかげでとらじゃクリエは行けませんでした。

そんなGWがやっと終わったので、覚え書きとして。今更だけど。


KAT-TUNはいつもわりと良席が多くって、今回も絶対アリーナくるって思ってて(基本いつも何に対しても強気で思ってるけど)、チケ届いてやっぱりなーーーー!って叫んだ。アリーナAでした。


5月1日になるまであっとゆうまだったなぁ、ほんとに。

ライブって始まる前のドキドキそわそわしちゃう感じが心臓に悪くて、わたしは普段あんまり早く会場入らない人なんだけど、今回はグッズのこととか考えて、早めに着いちゃってたから、1時間前くらいには入った。

席着いて、パンフ読んでかめの発する赤西に涙堪えて。

開演5分前くらいからのKAT-TUNコールにあああって思って泣きそうになって。

開演して3人見た瞬間涙溢れ出た。

わたしはドームにいるKAT-TUNがいちばんすきだから、正直カムヒアは物足りなくて、わたしにとってはCHAINぶりのドームのKAT-TUNで。コレだーーー!って嬉しさと充電期間に対する悔しさと悲しさと、いろんな感情でとりあえず最初の3曲くらいずっと泣いてた。

たっちゃんが「最後の出航だぁ〜!」とか言うから余計。

落ち着いてからは純粋に楽しんでたけど、途中途中の映像とかで、なんだかんだずっと泣いてた。

10Ksってゆうライブを楽しみつつも、10年間いろいろ思い出しては泣いて。

Dモの歌詞がオリジナルなのは嬉しかった。

あそこはわたしはオリジナル以外聴きたくないとゆうか、耳を塞いでたとこだから、いつも、実は。

本来ラップのとこ、誰も歌わないから、近くの人がこうきの代わりに歌ってたの思わず笑ったなー。わかる、それが染み付いちゃってるし、その空白じっとしてられないやつね。


セトリ分かってるから、TRAGEDYくらいでああそろそろ終わってしまうってまたうるうるしてきて、最後の挨拶でもう流れ出てきて、かめがK 亀梨和也、って言った瞬間、次に何がくるか分かるし、案の定号泣。

今まで泣かなかった本人たちが泣き出して抱き合い始めて、もうこれは無理だろって涙腺崩壊した。もはや声出さずには泣けない。嗚咽。

ピースフルとかK!A!T!T!U!N!ってイニシャル叫びながら泣いてた。

アンコール出てくるとき「泣くなよ〜」とか言うから、お前もな!って思いながら泣いた。

すごいよね、いい大人がみんな声出して泣いてる空間ってそうそうないよ。


KAT-TUN担といえるほど追いかけなくなった今でも、KAT-TUNが大好きだし、KAT-TUNからわたしのジャニーズが始まったし、KAT-TUNはわたしの青春だし、いろいろあったけど、なんだかんだいつもそこにいる、って思ってたから。

1、2年って言ったって、KAT-TUNとして活動しないって寂しいとごろじゃなくて。

なんでこうなってしまったんだろうって悔しかった。

悔しい。

でも3人になってもやっぱりKAT-TUNのライブは凄かった。

バックにじゅにあもいないし、ダンサーもつけないで、3人だけなのに、一瞬たりとも飽きる時間がない。

メンバーがいない時でも映像で充分楽しませられる。

健人くん見学来てたみたいだからね、そこ学んでほしい。

後輩はほんとKAT-TUNのライブの作り方吸収してほしい。


とにかくずっと泣いてばっかの1日だったけど、絶対またKAT-TUNとして戻ってきてくれるって信じてるから。

正直FC継続するか迷ってたんだけど、更新6月だから、でもファンが出来ることってそれくらいしかないから。するね、継続。

f:id:myucho:20160509185131j:plain